JR西日本 山陽線防府駅

 「三田尻駅」として1898年に開業。山陽新幹線開業までは優等列車・貨物列車ともに発着数が多く、山口県中央部の主要駅でした。2009年のダイヤ改正に伴い、夜行列車が全廃されて以降は普通列車のみの停車となっています。駅構造は島式1面2線の高架駅。2011年から接近メロディに「防府おどり」が採用されています。市民に愛されているこの曲を駅のメロディに使おうという防府市観光協会の提案から実現しましたが、長年続いた総踊り大会は2014年をもって終了。現在は「夏の幸せますフェスタ」で踊られているそうです。ちなみに到着時のメロディは大分駅でも同一のものが使われているそうです。

収録情報

  • 収録時期
    2018年7月

  • 収録場所
    徳山駅よりスピーカーで録音(ガンマイク使用)

  • 放送の順序
    接近放送(到着2分前)→到着放送

  • 参考情報
    ホーム上のスピーカーは非常に高く、4mほどの一脚でも届きませんでした。音源に距離感が出るかと思いましたが、音量がかなり大きかったので気になるほどではありませんでした。高さが高さなだけに風もある程度受けます。長い一脚と風防は必携です。接近メロディですが、新山口方面は運が良ければフルで収録できます。

音源等の使用について

音源・画像等のコンテンツ使用に関しては利用規約ページをご覧ください。

1番のりば 徳山方面

凡例:○=フル収録 △=一部のみ収録(放送被りなどが原因) ×=未収録


※普通下松行は平成30年8月1日に徳山駅~下松駅間の運転再開を受けて、下松駅~柳井駅のバス代行輸送が実施中の時に収録したものです。平成30年7月豪雨。山陽線は複数個所で土砂の流入や流出、変電所の冠水などの被害が発生。7月11日時点で笠岡駅~海田市駅間111kmと岩国駅~徳山駅間69kmが不通になりました。現在も芸備線・福塩線・呉線の一部区間では不通となっています。芸備線三次駅~狩留家駅間に関しては早くても2019年秋頃と試算されています。

2番のりば 新山口方面

関連動画