阪神電車 本線神戸三宮駅

 レンガ模様の支柱に間接照明が駅を照らす上品な雰囲気の神戸三宮駅。当駅は1905年に「神戸」停留所として開業。その後、1912年の神戸市内延長線・三宮~滝道間開業時に「三宮」。1933年の三宮停留所地下駅完成時に「神戸」。1936年の三宮~元町間開業時に「三宮」。三宮と神戸の改称が幾度となく行われ、2014年の阪神なんば線開業を機に現在の「神戸三宮」となりました。
 駅構造は島式ホーム2面3線の地下駅。中線が頭端式構造となっており、主に近鉄直通の快速急行が利用します。西は山陽姫路、東は大阪梅田・近鉄奈良まで乗換なしで行くことができ、山陽・阪神・近鉄の個性的な列車を楽しむことができます。当駅には詳細型放送が導入されており、阪神電車では当駅にのみ予告放送として乗車位置案内が流れます。

収録情報

  • 収録時期
    2018年3月

  • 収録場所
    御影方面よりスピーカーで録音(ガンマイク使用)

  • 放送の順序
    乗車位置案内(前列車出発直後と到着5分前)→接近放送(到着1分前)→発車放送

  • 参考情報
    スピーカーは2.5mほどの高さがあります。音量は大きいですが、一部音割れしています。御影方面ホーム端は空調音や排水音が激しいのであまりおすすめしません。綺麗に収録されている方は2番線の車止め付近のスピーカーで収録しているそうです。

音源等の使用について

音源・画像等のコンテンツ使用に関しては利用規約ページをご覧ください。

大阪梅田方面

凡例:○=フル収録 △=一部のみ収録(放送被りなどが原因) ×=未収録

山陽姫路方面

関連動画

関連動画はありません