JR四国 予讃線新居浜駅

 東予地方の主要駅。新居浜市は鉱山で栄えた経緯があり、1977年まで鉱石・旅客輸送を担っていた別子鉱山鉄道(住友金属鉱山系)の廃線跡を市内各所で楽しむことができます。当駅から鉱山線への連絡線も敷設されていましたが、現在は歩道に姿を変えています。端出場駅跡(鉱山側の終着駅)には「マイントピア別子」という観光施設が整備され、打除鉄橋や端出場貯鉱庫などの鉄道遺構が保存展示されているのでおすすめです。
 駅構造は単式1面1線と島式1面2線の地上駅。駅南側には貨物駅が併設されており、取扱量は四国内-高松貨物ターミナル駅に次ぐ規模。瀬戸の花嫁を接近メロディとして使用していましたが、2018年に新居浜太鼓祭りで使用されている「ちょおうさじゃ」へ変更されました。

収録情報

  • 収録時期
    2019年10月

  • 収録場所
    伊予三島駅よりスピーカーで録音(ガンマイク使用)

  • 放送の順序
    接近放送のみ

  • 参考情報
    スピーカーの高さは2.5mほど。音量はかなり大きいです。密着して収録される際は録音レベルに注意してください。駅周辺に踏切や主要道路が無いこと・乗車位置でないところにもスピーカーがあることなど環境音を抑えて収録できる駅ですが、駅員様との被りが非常に多いです。気長な気持ちで収録に臨んでください。普通列車や貨物入換ではメロディが最後まで流れない場合もあります。フルで収録したい方は特急列車を狙うことをおすすめします。
    【参考】私の場合、収録に3時間半ほど要しました。

音源等の使用について

音源・画像等のコンテンツ使用に関しては利用規約ページをご覧ください。

各のりば放送

凡例:○=フル収録 △=一部のみ収録(放送被りなどが原因) ×=未収録

関連動画

新居浜駅には三色発車標が導入されています。「高松(タ)」などの入換貨物列車案内はJR四国名物。少しでも新居浜駅の雰囲気に浸って頂けたら幸いです。1番のりば発車標画像(日本語表示 / 英語表示) / 2・3番のりば発車標画像(日本語表示 / 英語表示