京王 相模原線京王多摩川駅

 かつては頭端式ホーム構造であった京王多摩川駅。1916年開業当時は多摩川原駅との名称で、多摩川の砂利輸送を主な目的として設立されました。1927年の関東大震災でレンガ・木造建築物が甚大な被害を受けると、コンクリート建築が急速に普及。砂利を原料とするため、当駅周辺でも生産量を増加させて対応したそうです。復興需要による採掘量増加が多摩川の環境悪化を招き、1964年には砂利採取全面禁止の措置が講じられました。
 その後の経済発展と共に沿線住宅需要が高まり、1971年当駅~京王よみうりランド駅間を延伸。以降、延伸と宅地造成を繰り返してニュータウン開発へと舵を切ります。1990年の南大沢駅~橋本駅間延伸を以て、現在の路線形態となりました。

収録情報

  • 収録時期
    2017年6月

  • 収録場所
    橋本駅よりスピーカーで録音(ガンマイク使用)

  • 放送の順序
    接近放送(到着1分前)→到着放送

  • 参考情報
    スピーカーの高さは3m弱ほどあります。少し長めの一脚があれば安心できると思います。音量は大きめですが、多摩川が近いためか風が少しあります。収録の際はお気をつけください。競輪や花火大会などの開催日でなければ利用者も少なく、橋本駅よりの臨時改札へ通じる階段以遠であれば落ち着いて収録できます。

音源等の使用について

音源・画像等のコンテンツ使用に関しては利用規約ページをご覧ください。

1番線接近放送(新宿方面)

凡例:○=フル収録 △=一部のみ収録(放送被りなどが原因) ×=未収録



2番線接近放送(新宿方面)

関連動画

関連動画はありません