JR西日本 山陽線尾道駅

 駅を降りたら瀬戸内海が迎える尾道駅。初代駅舎の趣を踏襲した新駅舎が2019年3月に完成する予定です。2階には尾道水道を一望できるデッキが整備されるそうです。当駅は「あさかぜ」「富士」「なは」「あかつき」等の夜行列車停車駅でした。現在は「TWILIGHT EXPRESS瑞風」の山陽コース1泊2日に組み入れられ、観光周遊の新拠点として賑わっています。当駅南側の広場から新尾道大橋にかけて多くのラーメン屋さんが点在しており、海を感じながら尾道ラーメンを楽しむことができます。
 駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の地上駅。当駅はCTC放送導入駅で、合成音声による案内がなされています。予告放送に英語放送が設定されており、接近メロディに「われは海の子」「ふるさと」が使用されています。

収録情報

  • 収録時期
    2017年11月

  • 収録場所
    糸崎駅よりスピーカーで録音(ガンマイク使用)

  • 放送の順序
    予告放送(到着5分前)→接近放送(到着1分前)→到着放送→発車放送

  • 参考情報
    スピーカーは2.5mほどの高さで、音量は大きいです。1番のりば付近に商業施設があり、空調音がそこそこ入ります。ホームが長く、乗車位置でないところにもスピーカーがあります。利用客もそこまで多くなく、落ち着いて収録できる環境です。

音源等の使用について

音源・画像等のコンテンツ使用に関しては利用規約ページをご覧ください。

1番のりば 広島方面

凡例:○=フル収録 △=一部のみ収録(放送被りなどが原因) ×=未収録

予告放送接近放送到着放送 ×発車放送

予告放送接近放送到着放送 ×発車放送

予告放送 ×接近放送 ○到着放送 ×発車放送

2番のりば 岡山方面

×予告放送 ○接近放送 ×到着放送 ×発車放送

啓発放送


尾道駅では合成音声の利点を活かして、お得な切符や周辺車窓の案内などにかなり力を入れていました。このような動きが合成音声放送普及とともに広がればいいなと思います。

関連動画