JR西日本 嵯峨野線二条駅

 御所の最寄りで、皇族が山陰方面に行幸する際の乗降駅であった二条駅。地上駅時代にあった木造駅舎は明治37年に建築されたもので、国有化前の京都鉄道本社社屋を兼ね備えた立派な建物でした。1996年に同駅が高架化された後、明治時代の和風駅舎として唯一の残存事例であることから「京都市指定有形文化財」に指定されました。旧駅舎は梅小路機関車庫に移築され、現在は京都鉄道博物館のミュージアムショップとして活用されています。
 嵯峨野線はSUNTRAS圏に含まれていないため、元々組まれた音源を放送する形式の駅が多いです。この放送だと時刻や両数などを案内することができず、特急列車でも号数などが省略された簡易な放送となっています。

収録情報

  • 収録時期
    2018年10月

  • 収録場所
    嵯峨嵐山駅よりスピーカーで録音(ガンマイク使用)

  • 放送の順序
    接近放送(到着2分前)

  • 参考情報
    すぐ近くを千本通が通っているため、車の走行音などが入りやすいです。タイミングが良ければ綺麗に録れるので、根気強く収録されることをおすすめします。各方面ともにスピーカーが直下を向いており、京都方面は音量も多いきいです。

音源等の使用について

音源・画像等のコンテンツ使用に関しては利用規約ページをご覧ください。

1番のりば 京都方面

凡例:○=フル収録 △=一部のみ収録(放送被りなどが原因) ×=未収録

関連動画